脱毛方法の種類

○ 医療レーザー脱毛

画像

美容クリニックで行われている医療レーザー脱毛では、エステサロンでの脱毛とは違い使用する機器が違います。クリニックでは、医師や資格を持った看護師が施術にあたり、それら有資格者だけが使用することのできる医療機関にのみ認められた医療用のレーザー機器を使用しています。

このため、エステサロンなどの機器に比べて、短時間で効率的に脱毛をすることが可能となっています。さらに、美容クリニックで行われるので万が一の肌トラブルにも、専門家がすぐにケアしてもらえる点も安心です。

費用的には高額ですが、高い効果を発揮してそれが永久に継続してさらに短時間で効率的にむだ毛をなくすことができるので、費用対効果の高い方法であると言えると思います。

○ ニードル(針)脱毛

ニードルとは針という意味で、この針を用いて行う脱毛がニードル脱毛です。レーザー脱毛とは異なり、少し毛の生えた状態で行うのが特徴ですが、これは毛が生えている毛穴に針を刺すためです。

毛穴に刺した針に10~20秒ほど電流を流し続けます。毛根に電気の熱でダメージを与えて毛根を破壊するという仕組みです。一つの毛穴が終わったら、次の毛穴へ移動して針を刺し電流を流すといった一連の流れを繰り返していきますが、もちろん毛穴に針を刺す瞬間はチクッとした痛みが生じます。

エステでもニードル脱毛を行っていますが、専門の資格が必要です。施術にとても時間がかかる施術のため、毛の量が多い人にはあまりオススメはできない方法です。

○ 光脱毛

針脱毛のような痛みが苦手な人には光脱毛がオススメですが、種類としてはレーザー脱毛とほぼ同じような仕組みです。皮膚表面の黒いメラニン色素にだけ反応する特殊なレーザーを照射して、毛根にダメージを与えむだ毛を生えなくさせるというものです。

針脱毛よりも短時間で済み痛みも少ないので人気ですが、いわゆるレーザー脱毛との違いは、光脱毛はエステサロンで行われておりレーザー脱毛はクリニックで行われているという点です。

また、レーザー脱毛では直線的な光線を当てるので高出力ですが照射範囲が狭いのに比べて、光脱毛では照射する範囲は広いので面積の広い背中などに適しているという特徴があります。さらに、光脱毛の方が安いので用途に応じて使い分けてもいいですね。

TOPへ戻る